<   2010年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

横濱山手中華学校が山手からJR石川町駅南口に新校舎を建設し、藩校長のご配慮で下記のとおり見学会を開催します。

              記
開催日時 平成22年7月3日(土) 午前10時から12時まで
集合場所 JR石川町駅南口前 横濱山手中華学校正門

出席ご希望の方は本メールの返信、FAX681-8091、携帯電話090-3229-5825で、6月24日(木)までに杉島宛お申込下さい。
[PR]
by kmbkatsudo | 2010-06-20 10:32
                                                       平成22年6月16日
6月度定例行事「リサイクル施設見学会」実施結果報告

1.日時: 6月16日(水)9:00~12:30
2.見学場所(武松商事リサイクル施設) :① 新磯子食品残渣飼料化リサイクル工場 ② 神奈川ウッドエネルギーセンター
3.参加者: 13名(石川夫妻、中島、佐々木、新堀、鶴岡、小菅、薛、小林、水野、市原、岡田)
4.見学全般
・中区健診予防センター前集合、武松商事がチャーターしたマイクロバスと、武松商事社員3名の案内でリサイクル施設へ移動。
・見学場所は新磯子と幸浦の2箇所、何れの施設も待機した工場関係者の歓迎を受けると共に、懇切丁寧な説明による施設の見学を行った。
・また、見学の時間帯は、騒音と作業に伴う煤塵の飛散を防ぐため、作業を中断するという配慮がなされていた。
・以上の通り、武松商事の受け入れ態勢には、社員全体にリサイクル業務に対するやり甲斐と誇りが感じ取れる有意義な見学であった。
・見学終了後、近くにある三菱重工金沢工場内に聳える大型風力発電機を車窓から眺め、次回以降の見学会候補にすることを話し合った。

5.各施設の概要
①新磯子リサイクル工場
・この工場は産業廃棄物の分別・圧縮・梱包と、食品残渣飼料化の2つの施設がある。
・分別した産業廃棄物は、夫々再資源化業者に売却されるが、発泡スチロールは300℃の蒸気で溶融固化しているところが注目される。
・目玉は食品残渣飼料化であるが、ホテルや工場などから排出される食品残渣が対象である。
・飼料化の量は施設の安定的処理を維持するため、1日10tを上限にしており、飼料化の種類はパンの残渣と、食品残渣の油脂を含有するものと除去したものに分けられる。
・飼料化したものは、現在のところ、千葉県相原市の養豚工場(900頭)の豚の餌として活用している。操業2年目と経験が浅いため、当面は実績づくりに注力の段階
②神奈川ウッドエネルギーセンター
・この工場は武松商事のほかに三社との協同組合を結成・運営している。
・メーンは建築廃木材などからチップ化してボード材の原料を作ることと、燃料の原料に分ける施設である。このほかにも産業廃棄物の選別・圧縮・梱包と、軟性プラスチック・チップ材などを原料とするRDF(固形燃料化)などがある。
・RDFには固形燃料として問題があるため、現在製造中止、RSFとして実用化の目途を付け、製造ライン建設を検討中とのこと
見学会終了後、参加者全員と、お世話になった武松商事2名を招き、中華街で昼食し、散会した。
(岡田 実)

新食品リサイクル工場見学ー写真集

[PR]
by kmbkatsudo | 2010-06-20 10:23

6月定例会「見学会」

見学場所:食品残渣飼料化リサイクル施設・ウッドエネルギーセンター(武松商事)

期日:6月16日(水)9:00~12:30
集合:中区検診予防センター前(旧中保健所)9:00

見学スケジュール
9:30~10:30 新磯子食品残渣飼料化リサイクル施設
11:00~12:00 神奈川ウッドエネルギーセンター
12:30 集合場所に帰る
http://www.takematsu.co.jp/index.html
[PR]
by kmbkatsudo | 2010-06-15 13:29

ニュースレターNo11

なか区民クラブ ニュ-スレター No.11
発行:平成22年6月11日

 先月23日(日)に中区福祉活動拠点で開催された総会には、来賓の中区役所植村広報相談係長を含めて27名の方が参加され、久しぶりにお会いできた方も中にはいて、楽しいひと時を持つ事ができました。参加下さった方、大変ありがとうございました。また、ご都合が悪くて参加できなかった方々も、次回には参加できるよう日程調整をお願いします。
ここに、ニュースレターNo.11をお送りしますが、22年度総会や6月度の運営委員会の報告をはじめ、各種行事を載せてあります。当クラブの活動の活性化を図るためにも、会員同士の交流を図るためにも、積極的に部会や各種行事に参加されるようお願い致します。

1.平成22年度総会報告
 総会は、大橋会員の司会と田中(美和子)会員の書記により、21年度の活動・会計報告、22年度の活動予定・予算を審議する第一部をはじめとして、第二部では会員による意見交換会を、第三部では市職員落語同好会会員による落語を楽しみ、最後に自由参加のランチミーティングとなりました。また年会費1,000円の納入も頂きました。
  なお開会に先立ち杉島代表から「中区行政から自立化して1年目の総会を迎え各種課題が見えてきましたが、皆様のご協力で無事に平成22年度を迎えることができたことにお礼を申し上げ、22年度は楽しく会員のためになる毎月の定例会の定着化と、ちょいボラ活動による社会活動を通じて、中区を愛する活動を展開することにしたい」との挨拶がありました。

1)第一部:総会
  皆が参加できる定例会や部会報告がなされ、それらを踏まえ、今後活動をPRするためのホームページ作成や、「クラブ」という名称に相応しい会員がリラックス出来る娯楽的な行事もという提案があり、今後検討することになりました。

2)第二部:意見交換会
  参加者が三つのグループにて自由討議し① 花一杯活動と空地調査の推進 ② クラブ名と関連して楽しむ企画の強化 ③ 行動し出会いと交流のクラブ ④ ホームページの復活 ⑤会員増強 ⑥ 事務局機能の強化、などが提案され、今後どう生かして行くかの宿題を頂きました。

3)第三部:落語
古橋彰さんは現役の横浜市検診・予防接種センター長で、大学時代から落語に興味を持たれ、横浜市職員落語研究会では芸名を「空巣家小どろ」とし、多くの所で活いる医学博士です。今回は「転宅」を拝聴し、落ちどころで笑ってくれないところもあるそうですが、当会では全員に笑いが湧いて楽しい一時でした。
                   
4)ランテチミーティング
県民ホール裏手の「フラワー」で会員24名が参加して開催され、第二部とは別の雰囲 気で盛り上がりました。

2.運営委員会報告
  6月7日(月)「なか区民活動センター」で11名の運営委員が参加して開催されました。
最初に市職員による平成23~27年度「新たな中期計画の方向性」の話をお聞ききした後に運営委員会が開催され、席上での報告事項や審議した結果等をお知らせします。

2―1 横浜市の「新しい中期計画」出前説明会報告
  横浜市都市経営局政策部政策課の飯島担当課長と西高職員から、「新たな中期計画の方向性」の資料に基づく説明を聞き質疑応答が行われました。内容が多岐に亘るので、資料を読んだ後、今後実施されるパブリックコメントなどで対応を考える事にしましたが、計画の中の「横浜らしさとは」で意見交換があった事をお伝えしておきます。

2―2 運営委員会報告
1)部会報告
 ①環境部会
5月19日、空き地調査について行政を招き今後の対応を協議しましたが、今後は接触する行政の窓口を増やして対応を進める事にしました。また6月16日(水)の武松商事が持つリサイクル施設を見学会を3頁のとおり企画しました。
 ②福祉・まちづくり部会
5月の「レッツボランティア活動」は15日に開催し29名が参加・活動して頂きました6月は19日に開催を予定しています。部会は20日に開催し、介護問題について参加してくれた方の豊富な経験が語られ有意義な集まりとなりました。

2)定例会報告
①6月度…鶴岡会員の提案で16日に武松商事運営の磯子の「食品リサイクル施設」と金沢の「廃木材リサイクル施設」の見学会を17名の方が参加して開催します。
②7月度…4月にお知らせしました、新装と成ったJR石川町駅前の横濱山手中華学院の「歴史と最近の学校教育事情(仮題)」のお話と見学会は別項のように7月3日と決定しました。薛会員のご努力の結果であることをお伝えします。
③8月度…休会です。
④9月度以降…11月のAPEC会議の概要説明会を9月に社協会議室を予定して進めることにしました。10月以降の定例会のテーマを各委員が検討して次回の運営委員会に持ち寄ることにしましたが、皆様方からの提案もお待ちしています。

3)各区区民会議の動向
  市役所の意向として自立化した団体は、実行委員会に委員でなくオブザーバーで参加し、交流会の出席は自由とする事が表明されましたが、第一回の実行委員会が5月26日(水)に開催され杉島代表が出席しました。その結果によると鶴見・瀬谷区が実行委員会に不参加となり、神奈川と金沢区が幹事となりスタートしました。次回は7月23日(水)に開催されます。

4)総会の意見交換会と、総会後の処理すべき課題の対応について
①ホームページについては会員外募集の行事は現在計画していないので、取りあえずは現行の水野会員作成のブログを活用することとしました。
 ②楽しいクラブ活動の提案に対し、定例会の内容を検討する事としました。
 ③新会員募集を現会員の推薦によって行うことにしました。また、休会者や退会者の会員動向も今後ニュースレターに記載することにしました。
 ④総会時欠席会員への議案書の送付と会費未納入者の会員存続確認について
  本ニュースレター発送時に、会費納入依頼並びに継続の意向確認の文書を作成して送付することにしました。
 ⑤)名簿の整理・発行について
   以上の確認後に水野運営委員が名簿を発行することにしました。

3.6月以降の開催行事と予定
 ・6月16日(水) 9:30 6月定例会(見学会)  武松商事運営工場
 ・6月17日(木) 13:30 福祉・まちづくり部会  中社協会議室
 ・6月19日(土) 10:00 ちょいボラ活動     山下公園通り6
 ・6月23日(水) 10:00 区民会議実行委員会   松村ビル
 ・6月23日(水) 18:00 環境部会        なか区民活動センター
 ・7月 3日(土) 10:00 7月定例会(見学会)  横濱山手中華学校
 ・7月 5日(月) 18:00 運営委員会       なか区民活動センター
                       
7月定例会のご案内
横濱山手中華学校が山手からJR石川町駅南口に新校舎を建設し、藩校長のご配慮で下記のとおり見学会を開催します。
開催日時 平成22年7月3日(土) 午前10時から12時まで
集合場所 JR石川町駅南口前 横濱山手中華学校正門
出席ご希望の方は本メールの返信、FAX681-8091、携帯電話090-3229-5825で、6月24日(木)までに杉島宛お申込下さい。

新会員募集について
永く活躍された天川会員が退会され、新たに山下町の徳永会員が入会されました。その結果、現在の会員数は39名となりました。
当会の発展には今後も新会員を増強したいと思いますので、手広い公募の実施は今後の検討課題とし、まずは現会員の推薦によって行うことにしました。推薦する方がおられましたら、運営委員までご連絡をお願いします。

                                                                以上
[PR]
by kmbkatsudo | 2010-06-13 21:19 | ニュースレター